FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2002-07- | ARCHIVE-SELECT | 2002-09- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

なおニン危機一髪!お酒が飲めなくなる?!

土曜日から首の左側のリンパ節がいくつか腫れていた。
触ると痛いし、でもそのうち治まると思っていたけど日曜はもっと腫れてしまい、ちょっと不安に。相方が報告したお陰で心配した相方のお母さんからも、病院にいくように諭される。何でもなければ幸いなんだからと。
どこの病院に行くべきかなどなど考えならが、ぐったりとだるい体を持て余して、一日ゴロゴロと過ごした。夜、相方と冷麺を食べにいったけど、全部食べられない。大食いなおニンにしては、珍しい。自分でもちょっとびっくり。

今日の午後、オフィス近くのクリニックへ行ってみた。
お決まりの検温をしてみてまたまたびっくり。
なんと38度もあるではないか。
体のだるさも、朝からの頭痛も熱発のせいだったなんて。気温が高すぎて、自分の体温の高さに気が付かなかったってことか。なんだかなー。
熱の高さ(平熱は35.8℃だし)にビビって1時間早退。肝臓疾患を引き起こす感染症の恐れもあるとのことでおこなった血液検査の結果は木曜。あと3日、かなり嫌な感じで結果をまつ羽目になってしまった。
肝臓疾患だって?なおニンから酒を取り上げるって?おいおい冗談じゃあないわよ。
ってなわけで、酒が飲めなくなった自分をいろんなシチュエーションで考察してみた。
1.飲み会にて
飲み会自体をこれまでのように主催することは激減するだろう。周囲の酔いが回る様を冷静に見るのは、慣れるまで辛かろう。周りも飲んだくれなおニンが飲めずに、気を遣うだろうな(お構いなしにガンガン飲まれたりして…)
2.カラオケにて
酔わないと喉の緊張が解けずに声が伸びないなおニン。
カラオケからも遠のくのか…。
3.夏のシャワーの後
…。いったい何を飲めというのさ。
4.一番絞り生樽ビアサーバーの運命は…?
その折には、どなたかにお譲りします。
5.恋の駆け引き時
アルコールなくして恋愛ができるかってくらい、恋にお酒は付き物ですし、もっとももう必要ないって声もありますけど、なかなか難しいわよね、素面のくどきって。
6.苦悩のやり場
悲しいとき、悔しいとき、寂しいときってだいたい飲んできたなおニン。もう苦悩とも縁がなくなりゃいいんだがな。冷静な頭でシカと受け止めるしかないってことだ。
スポンサーサイト



| 未分類 | 20:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |