FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2002-07- | ARCHIVE-SELECT | 2002-09- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

ありそでないセブンイレブン

コンビニといえばセブンイレブン。セブンイレブンといえば「どこにでもある」。
コンビニの先駆者がセブンイレブンだったからか、無意識のうちにこんな意識が自分の中に出来上がっていたらしい。

最近、オフィスから一番近いコンビにであるセブンイレブンが改装工事に入り、しばしクローズしていた。社員一同なにかとお世話になっているので、そのニュースにみな「げっ!」だの「えぇっ?!」などと驚き(大げさすぎ)、改めて不便を感じたのだった。
一番参ったのは何を隠そう、この私だ。
たまたま支払いを「セブンイレブン払い」指定したネットショッピング商品が届いたその翌日に、クローズしてしまったからだ。
自宅近くにもない。オフィス近くもクローズ。支払期限は迫る…。しかたなく、akiさんが調べてくれた2番目に近い新富町のセブンイレブンまでチャリで出かけた。のしかかるような熱波。ジリジリと皮膚が焼ける。サングラスなしでは目がまともに開けられないほどの照り返し。こんな環境で生きてっていいのか?…
暑さのあまり昼下がりのオフィス街にあるコンビニは空いている。こんなときは少しくらいはレジに人が並んでいて、ちょっと涼めるくらいに待たされるのがちょうどいいのに、支払いは30秒ほどで終了。汗が引く間もない。またチャリに跨り、きた道を返す。

無駄な汗をかいた気がして腹立たしい。
しかも郵便局へ寄るのを忘れていた。
また灼熱地獄に立ち向かう。
途中の手作りパン屋さんの店先に、「氷」の下がりが揺れているのを発見。テイクアウトのかき氷を買う。
朝、八重洲からの道すがらでは、スタバでタンジェリンライムフラペチーノのホイップ抜きを買ったから、なんだかんだでこの日2回目の「氷」。キャンプでakiさんにつくってもらったフローズンテキーラメロンも効いたけど、この時期の氷もののなんとありがたいことか…。

さて、ここまでは昨日の日中の話し。
今朝チャリで前を通ると、クローズしていたセブンイレブンは再開していた。なんてこった。あと一日待っていればよかった!頭に来るのは、「しばらく閉店します」と書いてあるだけで、再開の日にちが書かれていなかったことだ。今更いってもしかたないんだが、昨日のことが徒労に思てしまう。
…がっかりの後にはいいことがやってくる。
オフィス近くの水着の卸会社が、恒例のセールをやっていた。もちろん今年も定価15,000円の水着を3,000円でゲット。昨年は2,000円だったのにな。着る機会のない水着たちがこうして毎年溜まっていくっていうのは情けない。昨年は8月4日に相方が足を折って、目前だった逗子企画が流れたお陰で、水着の出番はなかった。今年も具体的な企画はまだない…。

まだまだ続きそうな酷暑。なすすべなく乗り越えるしかないことが、なんだか情けなくさえ思える今日この頃である。

スポンサーサイト



| 未分類 | 13:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |