FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2002-06- | ARCHIVE-SELECT | 2002-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

「再婚できなかった女」曰く

昨日掲示板に貼り付けた白河桃子女史による「結婚したくてもできない男 結婚できてもしない女」が、男女問わず反響を呼んでいる。著者含め、反響した連中がみな60年代生まれで、しかもみな独身だったこともあり、身に覚えのある表現にチクリとやられたのだ。

でも私は彼女の洞察する60年代生まれ像とはちょっと違うような気がする。そもそも、もうウエディングドレスを着たいとはおもわないし、見世物のようにひな壇に祭り上げられて、歯の浮くような祝辞を聞きたいなんてことも思わない。
20代。私は超がつくほど結婚願望が強かった。19歳で知り合った彼といきなり「結婚」を考えて親を呆れさせたし、結婚を意識した男選びをしてはいないくせに、馴染みはじめるとすぐに結婚を意識した。30歳までには何がなんでも結婚しないと、描いた自分像が壊れてしまうような気がして、それこそシャカリキで迎えた結婚式は、私が生まれて29年と38日が過ぎた日だった。ギリギリセーフ。自分だけがこだわったリミッターを切らずに済んだ安堵感で、あの頃の私はどんなに幸せだっただろう。でももうそのころの甘い想いさえ思い出せない。1年半でバブルとともにあっけなく弾けた結婚生活。その終わりとともに私の今が再構築されていったのだ。
タクシー券使い放題、いくら飲んでも領収書で落とせたバブル期に、確かに甘い蜜は舐めたけど「金」と「物」信仰意識なんぞはもうとっくに消えうせていて、20代に結婚した連中が、バタバタとまるで申し合わせたように離婚する様を見、社会的ラベルより情熱的レベル命と悟ってからは、金も名誉もなくてもいい!私だけを生涯愛しつづけてくれるのならば的謙り恋愛願望といえないくもない状態で、離婚からの10年を送ったのだ。ひとりの方がラクチンだと思ったことも、「結婚しない女」を気取ったこともない。自分は恋愛障害者なのか、このまま乾いた女で朽ちていくのか、そんなことに不安を感じて眠れなかったのは一夜やそこらのことじゃない。「ひとりで気楽でいいよね」という育児に追われる同級生の言葉に傷つき、カップルでごった返す繁華街にひとりで買い物に出かけては惨めになり、疲れて帰っても吐き出す相手のいないストレスを翌日も全身に背負ったまま、どこかにいるはずの出会うべき人を、ずっとずっと待っていたのだ。

「どこかにいるはずの出会うべき人」。すなわち運命の人。「やっぱりそうだ!あなただったんだ!」と思える人とはきっと誰でも生涯のうちに出会えるはずだ。それがいつやってくるかがわからないだけだ。「結婚しない女」たちは、そうはいっても待っている。今日か?明日か?と、キリンになって待っている。そう思えない人がいくらアプローチしてきても、妥協という苦々しい決断をしない限り、晴れの日を迎えることはない。
ここまで待ったのに…、今までひとりでやってきた曲がりなりにもデキる女なのに…、あんな男じゃ物足りない!情けない!…。いい子なのに、どうしていつまでも結婚しないんだろうといわれる「結婚しない女」たちの腹はこういうことだ。彼女たちの中で引かれているカテゴリー別最低線をクリアする「出会うべき人」がやってくるまでは、なんといわれようと妥協しない。女ひとりで生きているうちに身についたささやかな見栄と鉄壁のこだわりを鎧に、運命の日を待っているのだ。

自分の人生が幸せかどうかは、今判断することではないとずっと思っている。例え幸せだとその刹那に思ったとしても、「少なくとも今は」と付け加えなくてはいけないと。
命が果てようとしているとき、もう自分の命の火が消えようとしているときに初めて、生れ落ちてからの自分を振り返って考えるのが正解だろう。私は幸せだっただろうかと。
スポンサーサイト



| 未分類 | 21:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

セールとJリーグ

初夏のバーゲン商戦到来。電車の中吊りもTVCMも告知でいっぱい。帰り道の八重洲地下街はどこも「SALE」の赤いPOPが目立つ。船橋も、西武、東武、LOFTはもちろんヨーカドーもセール一色。
見ないように、立ち寄らないようにしつつも、どうせそのうち買うなら安いときに買ったほうが…なんて浪費家精神と戦いつつ、ストレスにまみれて家路に着く。
よかった…。なんとか何も買わずに済んだ。
お買い物好きにとって、金欠状態で迎えるセールは生き地獄と同じ。見たら最後、気に入った最後、買わずにはいられないある意味病気のような自分を抑えるのはかなりの重労働だ。やがて降りかかってくる翌月のクレジット請求額を思い浮かべ、なんとか思いとどまるのだ。

2002W杯が終わって、韓国のKリーグが思いっきり熱いらしい。開催前に比べ、チケットが飛ぶように売れているとか。一方Jリーグはというと、見納めとなる俊輔のマリノス戦がやや好調なくらいで、他のカードはさほどでもなく、やっぱりW杯にわかサッカーファンをJリーグファンへと誘導することは難しいようだ。
なぜなんだ?あれだけ日本中が熱く燃えたのに、代表がセットにならないと観る気にならないってことか?
ただでさえルールや歴史に疎いにわかサッカーファンこそ、Jリーグに親しみ、日本のサッカー文化を支えるべきではないのか。スター揃いのW杯の試合に比べれば、確かに見劣りするし、興奮度も比べもにはならないだろう。でも、そこで繰り広げられているサッカーは、まぎれもなくあのロナウドやベッカムが全身全霊を傾けたあのサッカーであり、彼らが愛してやまないまったくもって点の入りにくい片時も目の離せないスリリングなスポーツなのだ。これから若い芽が育つかどうかも、世界から日本サッカーがどう評価されるかも、Jリーグのあり様に左右されるということを、もっと多くの人に認識してほしいと願わずにはいられない。
前々から何度もいっているけれど、TVカメラが追っている絵を観ているだけでは、その試合を完全に観たとはいえない。カメラが追っていないところでも、おもしろいことはいくらでも起きている。W杯が終わっていくつかの総集編的番組が組まれているけれど、中継でわれわれが観た画像以外の角度で取られたその映像に、改めて興奮させられることは多い。ゴールがすべてとはいえ、されどゴールに至るまでの攻防、あるいはゴールの影で演じられているドラマが、スタジアムでは見渡せる。
ぜひ気のおけない相手を誘って、今日から始まるJリーグシーズン中、一試合くらいはスタジアムで観てほしい。
そうして応援しているチームがゴールを決めたときの、あの腹の底から湧き上がるような歓喜を、そのままピッチのイレブンに注ぎ込んでほしい。
…もう早、すでに韓国に負けているような気がして、非常に腹が立ち、焦燥感にかられているのは私だけなのだろうか。

| 未分類 | 20:51 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |