FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2002-05- | ARCHIVE-SELECT | 2002-07- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

マジ、やってらんないッス。

続く長雨のせいかどうかは別として、今週はやけにテンションが低い。
朝起きて…いや、起きられない。
目覚ましが起床時刻を告げて、布団からカラダを引き剥がすようにして起きるまで、1時間近くかかる。
家を出ても、なんだか足取りがたまらなく重い。

W杯での日本敗退、会社経営不振、金欠、ジメっとした気候…いい要素がまるでない。
そこへ持ってきて、今朝トドメの連絡が入った。
3月からの約2ヶ月間、テンヤワンヤの忙しさを強いられた挙句に、ここ1ヶ月近く頓挫していた例の某K化粧品の仕事が、正式に?中止になった。
つまりあれだけ力を注いで作り上げようとしていたものが、日の目を見ない…要するに世の中に出ないってことだ。
私たちクリエイター(一応ひとからげな表現なので私もクリエイターってことにしておく)にとって何が嬉しいって、何もないところから考え抜いて作り上げたものが、世の中の目に触れることが、仕事において一番達成感を感じる瞬間だ。
クライアントの好みの問題で、作った側からすれば
「こういう感じをイメージしてたわけじゃないのよねー」的なものに、仕上げざるを得なかったとしても、そのアガリをひとりでも誉めてくれる人がいれば、そこまでの苦労は報われるのだ。

こういう風にプロジェクトが中止になると、クライアント側からはアガリに対してではなく、企画に対してのみの支払いしかされない。ひどいときはその支払いさえないときもある。まさにヤリ損ってやつだ。
メーカーってやつはモノを売っている人たちだから、カタチになっていないものに対してお金を払うということにおいて、非常に感覚が鈍い。そこにどれだけの人手と時間が掛かっていて、どれだけ苦労してデザインを作り上げたかなんて、まったくイメージしてくれない。だから今回のプロジェクト中止の事態は、私の精神的ダメージのみならず、うちの会社が被るダメージもでかいってことだ。
やれやれ。
肩身が狭いよな。

方や昨日からハワイでバケーション中の契約社員M氏。
同じ会社にかかわっていながら、この雲泥の差はどうだ。
でも彼の売上は毎月群を抜いてるしなー。
…。
マジ、やってらんないッス。
スポンサーサイト



| 未分類 | 11:53 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |