FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2002-05- | ARCHIVE-SELECT | 2002-07- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

のり平となおニンの「日本初戦」

3ヶ月前に患った腰痛が昨日再発し、早退して地元の外科へ行った。
リハビリルームの中でも、看護婦さんやマッサージ師と患者の話題はベルギー戦のことばかり。今日は観ないの?と聞かれた女性患者は
「日本はダメよ。無駄なシュートばっかり撃ってちっとも入りやしない。だから観てて腹が立つから観たくないの。でもねー、昨日のトッティーとあのもうひとり…ダレだったか忘れたけど、素晴らしいわよね。無駄がないもの。裏をかくっていうのがうまいのよね…」と熱い語りが続く。カーテン越しだったから顔は見えなかったものの、どう聞いても初老の女性。ずいぶんな酷評だな。なぜか耳が痛い。

受付けで支払いを済ませたのが17:30。早く歩けない体にイライラしながら帰宅。当初は会社の会議室で観戦するといっていた津田沼ののり平から、やっぱりいっしょに観るから走っていく!と電話が入る。走るつっても彼女の日本橋の会社からでは、キックオフには間に合わないのに。
そうこうするうちキックオフ。
GKは川口じゃないいんだ。身長問題か。それ以外は前日武田が予想していた通りの布陣。みんな元気だ。

汗だくになりながらのり平が到着したのは、開始20分。冷やしておいたグラスにビールを注ぐと、次の瞬間、もうグラスは空だった…。さすがだ。
拮抗するまま前半が終わり、メンバーの交代なく始まった後半、ついに先制点を許す。絶叫が近所に聞こえようとかまっていられない。やっぱりダメなのか?
仕事で打ち合わせ中のボスに「専制された」のメールをうつ。が、次の瞬間、そのボスからの電話が鳴る直前、鈴木のゴールが決まる。電話口で大騒ぎしたのは言うまでもない。
6月5日、鈴木と同じく誕生日を迎えるのり平は「やってくれたわ!やっぱりスズキよ~~~」とポロポロ泣いている。
続く稲本の2点目…、ベルギーの追加点。
3点目になるはずだった稲本のゴールを思えば勝ったも同然。結果は分けでも、限りなく勝ちに近い満足感を得た。

試合後、テーブルを片付けていたら、ビーズの破片が落ちていた。よくみると、皮のネックレスの残骸も落ちている。
のり平の汗と涙を吸ったハンドタオルもテレビの近くに落ちていた。試合が進むにつれ、座っている位置がどんどんテレビに近づいていったのり平。興奮のあまり、ネックレスを引きちぎってしまったようだ。
今日の誕生日プレゼントはネックレスにしようかな。

本日の日本vsベルギー戦観戦中の酒量(のり平・相方・なおニン分)
キリン「極生」500ml×2
アサヒ「本生」350ml×6
カンチューハイ350ml×2
ワイン一本
…結構飲んだな

スポンサーサイト



| 未分類 | 13:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |