FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2002-05- | ARCHIVE-SELECT | 2002-07- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

デキすぎる妻もこまりもの

料理、洋裁、和裁と多芸な母が、ついにPCデビューする。
町内で5日間に渡って行われるPC教室の募集に応募して、当選したらしい。費用はたったの2,000円。

我が家にはオンボロPCが一台ある。
5年前、勤めていたコンピュータ会社を辞めるとき、退職金のおまけにと、私が2年間使っていたデスクトップPCを持っていっていいといわれ、自宅に設置スペースがなかったので実家に送ったのだ。それまでは、ワープロを愛用していた父は、すぐさまそのPCに切り替え、時に怒鳴りつけながらも使い倒している。
でもさすがにもう限界。
母のデビューを機に、買い換える決心をしたらしい。
でもこれまたリビングから見えて目障りだとかで、ノートブックにしたいなどといっている。ものを知らないというのは発想が自由でうらやましい。

かつて札幌に父の都合で転勤したとき、学校の授業で必要だった弟と私といっしょに、父もスキー一式を買った。スキーシーズン中、休みさえあれば家族でスキーにでかけた。
最初の年、スキーセットを買ってもらえなかった母は、8ミリやスチルの撮影で時間をやり過ごしていたが、さすがに2回目のスキーシーズンが始まる頃、
「一番安いのでいいから、私のも買って」と父にねだり、めでたくスキーデビューした。
土曜日、弟や私が学校へ向かうと、待ってましたとばかりにふたりして近場の藻岩スキー場へ通っていた。
もともと運動神経がいい母の上達はめざましく、あわや一年先輩の父をも凌ぐかと思われた。こうなってくると父はおもしろくない。
「なんで1年目のオマエのほうがうまいんだ!」と、拗ねる有様。あっというまに機嫌が悪くなる。男ってしょうがない。

父よりも5年遅れの母のPCデビュー。
スキーの二の舞になりはしないかと、ちょっと心配だ。
スポンサーサイト



| 未分類 | 16:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

やれやれずくし

仕事のことで下がりっぱなしのモチベーションのまま、ほったままにしていた部屋着制作に手をつける。
すでにユザワヤで仕入れていた布を裁ち、せっせと一心不乱に作り上げた。初めての作品にしては、なんとか「着られる」ものが出来上がった。
だけど…。
仕上がって思ったけど、大雑把な私には、洋裁は合わないのかもしれない。いくら初めてだとはいえ、縫い代の始末やら、人目につかない部分の様があまりに雑だ。三つ折り縫いの幅がまちまちだし、下糸と上糸のバランスが悪かったりしている。
これも母にはかなわない。やれやれ。

Wカップ関連のニュースでは、昨日の試合だけでも1万以上のチケット売れ残りがあったなんぞとぬかしていて、ビックリを通り越して呆れてしまう。急遽ウェブ上で当日券を発売しだしたり、あえて混乱を引き起こすような事態を招いているとしか思えない。
こちらの問題もやれやれなのだ。

| 未分類 | 14:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

一日にふたつの衝撃

昨日の夜、突然ボスに呼ばれオフィス近くの行きつけの飲み屋に行った。もちろんフランスvsセネガル戦が気になりつつ。
店は金曜日の割に、いつもよりも心なしか空いている感じがしがたけど、キックオフの時間が近づくにつれ、どんどんと客は帰り始め、一時は貸切状態に。思わずママの泣きが入った。
「1ヶ月間は仕方ないのかしらー、困ったわー」と。
9時過ぎ、ひとりで入ってきた男性客が
「セネガル1点リードで後半折り返した」とママと話している。
耳を疑い、相方に電話するも、やっぱり本当らしい。
帰りの乗換えで西船橋に降り立ったとき、フランス初戦破れるの連絡が先ほどまで飲んでいたボスから入る。

これまでのW杯データでは、初戦で負けたチームは、たとえ決勝トーナメントに進出しても優勝したことはないとか。王者フランスはこのジンクスを破れるのか。

だけどそんなことより、もっと衝撃的だったのはボスの話し。経営不振に喘ぐ我が社のこれからの話しだ。
今の生き方、自分のこれからを漠然とではあれ、思いあぐねることがなくもなかった昨今、ますますやるせない想いはつのった。
今の時代、確かなもの、頼れるものなんてなにもない。
何があっても気持ちを切り替え、前向きに人生を切り開くバイタリティと器用さがなければ潰れるしかない。
だけど、そうはわかっていても気持ちはふさぐ。
すでに流行り言葉のようになってしまった「リストラ」。
他人事じゃないよねなんて口ではいっていたものの、寸前の立場にたたされた今、まだまだ呆然とした状態から抜け出せずにいる。

| 未分類 | 12:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |