FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2002-03- | ARCHIVE-SELECT | 2002-05- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

本日 キレてます

ただでさえイライラしているところに、油注いだ宅配業者。
指定した時間に荷物が届かない。
昨日仕事から帰宅したら不在連絡票が入っていて、今日が夜勤の相方が受け取れる時間を予約して、ずっと待機してもらっていたのに。

クレームの電話を入れると、
「連絡の行き違いがあったようで、指定のお時間がドライバーに伝わっていなかったようで…」
「はぁぁぁぁぁ~~~?」という私に、
「あと1時間ほどお待ちいただけませんか」だ?
あほか!
何のため連絡票だ。
電話で時間を指定してくれと記載してあるのは、デタラメか!
時間指定の意味ないじゃん。

こっちは忙しいんだ。
土日だって、のんびり家にいられないんだ。
腰痛のリハビリだって、週3回の予定が、もう1週間以上行けないままだ。再発したら、訴えてやる!(会社を??)・・・。

どうも私の自宅界隈の業者はできが悪い。
荻窪にいた頃は、まるで在宅時間帯を知っているかのように、一発で届けてくれたものだ。来る前に一本電話をくれるところもあった。

しかしなんだな。
イライラしてると、普段ならOKなことにまでムカっ腹立っちゃうわ。
いかんいかん。
スポンサーサイト

| 未分類 | 16:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

クレーマークレーマー

ここんところのドタバタで、せいぜい家で飲むのがせいぜいだった今週を締めくくったのは、女友達との夕食?だった。
いつもなぜかふたりだと、浴びるように飲んでしまうのだが、それでもさすがに私のテンションが今ひとつだったためか、二日酔いは免れた。
やや気温が低かったとはいえ、春だというのに「火が見たい」という彼女。どうやら焼肉がご所望らしい。
私が荻窪にいた頃は、暇さえあれば荻窪の「牛角」へふたりでいったものだ。
お得意さまの気になって、例によって気に入らないことがあると、若手揃いの店員にクレームをつけるのも、楽しみのひとつだったりした。
一番記憶にあるのは、デザートのタピオカミルク。
一般的にいうタピオカミルクの「ミルク」は「ココナッツミルク」であるのが基本だ。トゥルトゥルっと舌の上を転がるタピオカの伴走をするのは、やさしいココナッツミルクであるべきだ。本来味のないタピオカが、ここまでデザートフリークの心を捉えているのは、ココナッツミルクのコクあってこそではなかろうか。
しかしながら、こともあろうに「牛角」のそれは、ただの単なる「ミルク」、いや「ちょっと甘くした牛乳(としか思えないしろもの)」に、申し訳程度のタピオカを散らしたものだったのだ。
ココナッツはいずこか。香りもなにもありゃしない。
「牛角」お得意としては、だまって見過ごすわけにはいかない、誠にもって恥ずかしい有様。
客に出すメニューは、必ず自分で口にして納得してからにしようよと、担当の男子にクレームする。本場のタピオカミルクを食べたことがないのか?と聞くと、ありませんという。店のそれを食べても、似非と思うはずもない。なんだかな。
その次にまた食べに行ったとき、変化を確かめるべくオーダーしたら、今度はタピオカが入っていなくて(クレームの結果、タピオカを投入しわすれたことが判明)、それ以来あそこのデザートには、期待することをやめた。

腹を立てながらも、結構笑いっぱなしのひとときとなる彼女との夕食。昨日はおでんに焼酎→イタめし&白ワイン1本プラスドルチェという節操なさ。
ほろ酔い気分で、それでも会社に戻ってメール&ファックスチェックをして、帰途に着いた。
12時を回っていた。
結局今日も午前様ってやつ。
忙しくて、オフィスでも愚痴か文句をたまにいうくらいの毎日が続いたせいか、好きなことをガンガンしゃべることって、かなりストレス発散効果があるってことをつくづく実感したのであった。

| 未分類 | 15:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

やっと一息

昨日はやっとのオフ。
一日寝ていたい気もしたけど、予定通りレイソルVSコンサドーレ戦を柏スタジアムに観にいった。
今日の席は、ホーム側エンドラインのほぼ延長上。思いっきり端っこ。
でもその端っこの席のお陰で、大野のコーナーからのボールがグググ~っと弧を描いてゴールに吸い込まれるのを見ることができた。TVカメラのアングルからでは、決して見ることの出来ないすばらしいシーンに、一同興奮。結果も4:1の圧勝だったし。でも、前半4点も奪取したわりには、後半は攻められっぱなし。安心しちゃって、手を抜いていると見られてもしかたないぞ、柏イレブン(←サッカー選手を「イレブン」と呼ぶのが、なぜかすんごいダサく聞こえるのはなぜだろ。最近とんと聞かないもんね)。
久し振りにまったく仕事を忘れてのひとときだった(それでも観戦中仕事の電話一本ありましたがな)。
引越し以前は荻窪から1時間半をかけて行っていた柏。今は30分も電車に乗れば着いちゃうのに、なんだか帰り道は遠かった。疲れかなー。

| 未分類 | 14:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。