FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2002-01- | ARCHIVE-SELECT | 2002-03- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

小さな春を捜しに

父から譲り受けたニコマートを持って、小さな春を撮りに散歩に出かけた。
でもちょっと早かった。梅がよその庭先にちらっとあったり、ぼちぼち終わりの椿が咲いている程度で、桜のつぼみはまだまだ固く、せいぜい公園に植えられたパンジーが申し訳程度に咲いてるのが関の山。

撮影は諦めて、船橋東武で開催中の福岡物産展に行ってみる。
明らかに便乗組みと思われる健康食品の類は別として、お馴染みからし明太子や長浜ラーメンのほかに、てんぷらやおきゅうとや柳川のせいろ蒸しなど、懐かしいラインアップ。替え玉ができないのを残念に思いつつ長浜ラーメンを食べて、焼きたての梅が枝餅を買って帰る。大宰府天満宮にお参りに行くたびにほおばっていた梅が枝餅。表面のパリっとした食感と、微妙に潰したあんの具合は独特。やっぱりうまいな。
結局、今日の「小さな春」は、梅が枝餅で思い出した「飛び梅」、ってことで、お後はよろしいようで。
スポンサーサイト



| 未分類 | 11:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

電話で後悔した話し

去年まで、荻窪でずっとひとり暮らしをしているときは、イタズラ電話に悩まされることが多かった。たぶん掛けてくる相手はふたりいて、ただ黙っているやつと、ひとりで勝手にその気になって陶酔してるやつのふたり。文句をいおうが、叩き切ろうが、懲りない。その対策にと、ナンバーディスプレイ機能付き電話を買って、掛けてきたやつに速攻で逆電して、無言電話をしてやったら、それ以来ぱったりと掛けてこなくなった。
船橋では、イタ電がないかわりに、間違い電話がやたらと多い。
知らない人からの留守電メッセージに辟易する。応答メッセージは私の声で入れているのだ。それでも間違いに気が付かないオタンチンな人たち。たまには自分を疑ってみることも必要じゃないのか?(人のこと言えないか)。
そんなこともあって、見覚えがない番号や、非通知には出ないようにしている。携帯電話も同じことだ。

そんな習慣がアダになった。
昨日の夜中に家の電話が鳴った。もう寝ていたけど、起きていって表示を見たら非通知。そのままにして眠ってしまった。サイレントにしていた相方の携帯も鳴ったようだったけど、それも公衆電話からのコール。立て続けにかかってきた電話の意味を考えるには、眠すぎた。
今日になって、相方の携帯電話の留守電に、相方のお父さんが倒れて入院したというメッセージが入っていることに気が付いた。
幸い、命に別状がなかったからよかったけれど、夜中に倒れて苦痛にのた打ち回るお父さんを見、医者から万が一のことをある種脅しのように説明されて不安になったお母さんからのコールだったと思うと、申し訳なくて切なくなった。

世の中なんでも良し悪しだ。たかをくくってはいけないのだ。
「良し」だけに浸っていると、思わぬところで「悪し」の洗礼をうけることになる。

| 未分類 | 11:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

また風邪ひきました。

今暮らしている家は、やはり寒すぎるんだろうか。
また風邪をひいたらしい。
喉がはれまくっていて、鼻の奥もひりついている。
金欠による粗食で栄養が欠乏したか?

今朝の通勤電車。となりに座った女性がどうやら花粉症らしく、ふたりして交互に鼻をすすることになってしまった。甚だ近所迷惑。いっそ思いっきり鼻をかんでしまえば、私も回りも幸せなんだがな。なかなかできないんだな、これが。

やれやれ。
春はもうそこまで来てるのに。
やっと給料日だっていうのに。

| 未分類 | 10:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |