FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2001-12- | ARCHIVE-SELECT | 2002-02- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

失って気付く大切なもの

生きるにあたって、いろいろ文句はある。
給料が安いだ、もっと広い家に住みたいだと挙げればきりがない。
でも、こうしてちょっと体調が悪い日が続いて、仕事はもちろん買い物にも、料理にも、ひいては相方との会話にさえ、モチベーションが上がらなくなると、つくづく思う。
一番大切なのは健康だと。
健康なのが当たり前だった若いころには、決して感じないことだ。
時々あちこちに故障が出始めて、やっと気付くものなんだ。

気力が失せると、まず部屋が散らかる。
片付ける気にならない。
当然、私の聖地ともいえるキッチンも乱れる。
着るものもどうでもよくなる。
化粧も適当。
結果、老ける。

早く元気にならなくちゃ。
スポンサーサイト



| 未分類 | 14:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

風邪に追い討ちのふてーヤツ

取引銀行の都合で、うちが口座を持っていた支店が閉鎖になるっていうんで、新しいカードを今日までの営業となった支店の窓口に取りにいった。
銀行から事前に送られてきていた受け取りの用紙に社名と取引印を押して持参し、かれこれ30分待たされた。
周りでまっている人たちも、受け取り用の用紙を手にしていたから、みなほとんどは同じ目的の人たち。手持ち無沙汰にじっと待っている。
ところがすんごいヤツがひとりいた!
年はまだ40にもならない程度の、フリースパンツにダウンジャケットを引っ掛けたような男だ。髪はワックスでツンツンに立たせたちんちくりんなやつ。
案内係の男性に食って掛かっている。
「あのさー 代理のヤツでもいいわけ?
社長じゃなきゃダメだっていうから来たのにさー
こんなに待たされんじゃやってらんねーよ 
オレ 忙しいんだからさー」
案内係の男性は、慣れた口調でこういった。
「順番にやってますからね。他の皆さまにも同じようにお待ちいただいていますので。忙しいのは皆様同じです。」
同じように待たせておけば、時間がかかってもいいのかよ!と思ったけど、そのあとそのオトコは、
「みんな忙しい?うそだよ…」そうブッこいたのである。
私はそれまで読んでいた雑誌から目をあげ、前を通り過ぎるオトコに、精一杯のガンと飛ばした。目が合わなかったのが実に残念だ。
こちとら昨日は熱があったし、今は痛むおなかを騙し騙しこうやってチャリを飛ばしてやってきてんだ。
だいたいおめーは何様だ。会社では一番えらいんだろうが、それがどーした!そんな出で立ちで社長が勤まる会社なんか、なんぼのもんじゃ。ダダこねれば早くやってもらえるとでも思ってんのか。だいたい時間がかかる面倒な仕事なら、部下にやらせるっていう腹が気に入らない。だいたい取引銀行に対してタメ口たたくほどの取引あんのか?社会性ゼロなやつ。そんな会社潰れちまえ!

…熱が上がってきそうだ。

| 未分類 | 13:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |