FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2001-11- | ARCHIVE-SELECT | 2002-01- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

寂しがり屋だった幼い私

二日間の不眠と、喉の腫れがたたり、絶不調。しかも月曜日。
アンニュイ度は最高潮だ。
抜けるように晴れ渡った空が、まるで嫌味のように思える。
気ぜわしい日常に引き戻されるも、なんだかエンジンがかからない。
今週は金曜日の忘年会まで、イベントがないのが幸いである。
その代わりやらなければならないことは、仕事含め目白押し。
ネジ巻かなきゃ。

昨日、久し振りにたくさんの子供たちと接することがあったけど、
本当に子供って、おもしろい。あれだけ数が揃うと、個性と個性のぶつかりあいだ。
おとなしい子、すぐ泣く子、イジワルな子、ズルイ子、張り切る子、そつない子。いちいちおもしろい。
子供を育てると、自分も成長するとよくいうけど、なるほどである。
私がずっとビンゴゲームに付き合ってあげていた子は、リーチがかかっても前に行こうとしない。
ビンゴになりたくないという。
なぜかと聞くと、恥ずかしくて前に出たくないらしい。名前を聞かれたり、感想をいわされるのがいやだという。
自分はまだ幼稚園だっていうのに、ママがひとりでいってらっしゃいっていうのよと、私に訴える。寂しがり屋さんの恥ずかしがり屋さんなのだ。
私も幼い頃は、母親がいなければどうにもならない子だった。
忘れた物だけ買ってくるから、お留守番していてと言われても、じゃあ何分したら帰ってくるの?どこのお店で買うの?と、納得するまで聞いていた。少しでも予定の時間に戻らないことでもあれば、ベランダから帰ってくるほうを眺め、それでも我慢ならないときは、商店街までいって、お店の人に「うちのおかあさんこなかった?」と聞いて回っていた。そういう意味では、商店街では有名だったのだ。
あの寂しさ、心細さはいったいなんだったんだろう。
大人になるに連れ、その性格が失せていってよかったと思う。
もしも彼氏にそんなことをやっていたら、それこそ一生振られっぱなしの人生だったろう。
子供らしく澄んだ瞳のその子を見ながら、ずっと忘れていた自分の子供のころをふと思い出したりした。
スポンサーサイト



| 未分類 | 11:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

もしかしてディーバ?

抜けるような冬晴れ。
相方のベース他、機材を抱えて電車で西千葉へ向かう。
9時に会場である某マンションの集会場前に到着すると、もうチビッコの姿がチラホラ。
緊張がやや高まる。
一刻も早くリハをしたいのに、会場の飾り付けを手伝わされ、気が急いてしまう。
気付けに途中のコンビニで仕入れた赤ワインをラッパ飲みしつつ、通しでリハをはじめたのは、開演5分前。
待ちきれない子供たちが続々と会場に入ってきたのは、10時を10分ほどすぎた頃だった。
全員が入りきったところで、主催者の挨拶。
ざっと見回すと、大人のギャラリーは10人ほどだ。
これならなんとでもなる!一気に安堵。
それから30分たらずのステージのことは、あんまり細かくは覚えていない。いっしょに元気に歌ってくれる子もいれば、珍しいものを見るように放心しているような子もいる。
バンド7人それぞれが、ちょっとずつハズしちゃったりするところもありながら、大きなミスはなく無事終了。
その後のゲームの手伝いを終え、11:50からは「きよしこの夜」と「アメイジング・グレース」の2曲をしっとりやって、すべての演奏を終了した。
今回の主催者で、マンションの住人であり、相方の親友であるギター担当の部屋に、機材を戻しにいく。マンション最上階の15階からの眺望はすばらし。幕張のビル群、筑波山、もっと空気が澄んだ日は冨士山までが望めるらしい。父に似たのか、私も高のぼりである。住まいも高いところに憧れる。
その後、自治会の会長さんのご好意でランチをご馳走になった。
さて帰ろうかとなったところで、ギターの彼がカラオケに行かないかといいだした。
歌好きの私たち。断るはずもなく、近くのカラオケ屋に行く。
1時間100円!!!真昼間のカラオケは初体験。
それから延々と3時間以上熱唱が繰り広げられたことはいうまでもない。酔いが進むに連れ、さらにボルテージが上がり、ラップあり、アカペラあり、演歌あり…。
ステージでは出し切れなかった3人のパワーに、ギターの彼は目が点になり、今後ここでのイベントでの恒例的出演のオファーをもらった。

疲れすぎているときは、眠れないことがよくある。
それがまさにこの夜だった。
うとうととしたかと思うと目が覚める。
喉の奥が通常の半分くらい潰れているような感覚がある。
当たり前だ。
昨日の練習から、今日のステージ、その後のカラオケ…。
いったいどれだけ歌ったか知れしない。
昨日に引き続きうとうととするまま朝になった。
喉は見事に腫れている。
暖かくなったら、船橋港で海に向かって歌の練習をすることになった。ボーカルのほかのふたりは、実際ときどきやっているらしい。
ロシア人の船乗りが、自転車でグルグル円を描きながら、遠巻きに見に来るとか。
何事も積み重ねが苦手な私だけど、歌ならやれそう。
ついでに担当がいないキーボードも、やってるよっかな。

| 未分類 | 11:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

本番直前 歌の練習

クリスマス用にオーダーしたブーブ・クリコが宅配便で届いた。
独特の黄色いラベルがいとおしい。
いっしょにオーダーしたシャブリとあわせても、4000円もしない。格安である!
夕方からは、いよいよ明日に迫ったクリスマス会の練習のため、ボーカルの他のふたり人プラスディレクター役に相方を伴って船橋のカラオケ屋に行った。先週曲の構成を決めたのに、いざとなるとどこをリフレインするのかみんな記憶がちぐはぐだったりで、逆に不安が募ったりしながらも、ボーカル3人がすべてB型ということもあって、2時間の練習をなんとかなるさ!で終えて解散。
夜、主催者に電話で確認を取ったところ、明日は朝10時から本番だとか…。9時現地集合だっていうのに、リハもろくにできない計算だ。しかも、子供をいっしょに歌わせたり、曲目紹介などのMC役も仰せつかり、その時点で何かが切れた。
開き直るしかないってことだ。
案の定、ぐるぐる回る脳みその回転音でほぼ眠れないまま朝になった。

| 未分類 | 10:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |