FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2001-11- | ARCHIVE-SELECT | 2002-01- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

自分サイズの人生

去年の夏、ダイビングのCカードを取得しにセブのダイビングショップに行った。同行したすでに潜りなれた友達と別行動で、3日間の講習を受ける不安な私を、その弾けたヴィジュアルとキャラで和ませてくれたのがオチョだった。「エースを狙え」のお蝶婦人が大好きで、だから「オチョ」と名乗る彼女は、まるでブリーチしたような潮焼けした髪と、コギャル顔負けの出で立ち。開けっぴろげな性格とノリのよさで意気投合して以来、帰国のたびに合うのが楽しみ。その彼女と飲んだ。
週末の人手でごった返す新宿GUCCI前で待ち合わせも、ドハデな彼女は一発で見つけられる。「イェ~」とハイタッチでいつのも挨拶を交わすと、連日のメールでのやり取りも手伝って、しばらく振りのご無沙汰感はまったくない。
彼女はがんばり屋だ。
ダイビングマスターを目指して、20代後半にセブのダイビングショップにたったひとりで飛び込んでいったんだから、そのバイタリティはハンパじゃない。自分がこの歳まで漫然と過ごしてきたことを、彼女と会うたび後悔する。あと10歳若かったら…、自分にそういうきっかけがあれば…と思う。
だけど彼女なりに不安もある。
現在の悩み、これからの不安…。
傍からみれば、イキイキと夢を現実に叶えているように見えて、本人には計り知れない苦労もある。
人生ってそういうもんだ。
隣りの芝生は美しくみえるもんだ。
飲んだ帰り、酔った頭でそんなことを考えた。
そうしてまた、亡くなった彼のことを偲んで、歩きながら少し泣いた。
スポンサーサイト



| 未分類 | 16:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

冷静と情熱のあいだにあったもの

恋愛の始まりは、たぶんどちらか一方がより積極的だ。それは想いの強さというよりは、性格によるところが大きいと思う。抱えているバックグラウンドの重さで、積極的になれないこともあるだろう。お互いに想いあっていても、言い出せないままにすれ違うこともある。付き合いだしても同じことだ。心がすれ違いそうになったとき、本当の気持ちを包み隠してしまうことで、永遠の別れを迎えてしまうこともある。だから、本当の気持ちを伝えあうことは私の恋愛道では必須なのだ。思っていることを伝えられない相手とは、いくらその熱が高かろうと成就しないものだ。
本当に好きな相手とは、幸せにはなれない。
そんなふうに言われるのは、好きなあまり相手を気遣いすぎて、自分を押し殺してしまうから、結局は分かり合えないという事なのかもしれない。
話題の映画「冷静と情熱のあいだ」を観た。
押し殺した冷静さと、押さえきれない情熱。
そこにあるものは、涙を誘うわけでもなく、拍手を送るほどの感動でもなく、でも愛しい人が傍らにいることを本当に嬉しく思えてしまえる、心地よい暖かさだった。
辻仁成と江國香織、どちらの著を読もうかと迷っていたけれど、江國香織バージョンを読んで冷静だったケリー・チャンの心模様に触れようと思う。

| 未分類 | 11:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |