FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2001-09- | ARCHIVE-SELECT | 2001-11- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

私といっしょに痺れたくない?

昨日、知り合いのM氏に上野の中華屋さんに連れて行ってもらった。小さいながらも会社を経営し、新規事業のため、もうじきロシアに事務所をかまえるという彼はBMWのロードスターに乗っている。彼の風貌が、ロードスターにマッチしているかどうかは別にして、何度見ても見ほれてしまうスタイリングだ(くれぐれもBMWの方ネ)。昨日は青森に出張にいっていて、朝10時に向こうをでて、夕方5時にはこちらに着いていたというから、きっと瞬間的には200km近くだしてブッ飛ばして帰ってきたのだろう。出せちゃうから恐い。けど出しても恐くない。BMWだからね。
まぁそれはいいとして、その中華屋さんでおいしい天津丼と麻婆豆腐を食べた。空芯菜の豆チ炒めもマイウーだったのだ。
そこで麻婆豆腐の話をひとつ。これ、本当は麻辛(マーラー)豆腐というのだ。麻婆豆腐は、その名のとおり、とあるお婆さんが作ったおいしい豆腐料理なんて由来から来てるんじゃなかろうか。
「麻」は実は「痺れ」を表している。山椒の痺れだ。
「辛」は唐辛子の辛さの意味。
本格的な麻辛豆腐には、砕いた山椒がたっぷりとトッピングしてある。甜麺醤の甘さと豆板醤の辛さに食が進み食べ進むうちに、段々と口の中がジンジンしてくる。食べ終わる頃には、舌といわず口の中全体がジーンと痺れているはず。これが本当の麻辛豆腐だ。残念ながら昨夜の麻辛豆腐はそこまでのパンチはなかったから、お気に入りの北青山の北京料理屋さんが恋しくなった。そんなものより海老を食べろ!なんて厨房の孫さんに言われるけど、やっぱり彼の麻辛豆腐がサイコーなのだ。誰かいっしょに行く?
スポンサーサイト



| 未分類 | 11:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |