FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2001-09- | ARCHIVE-SELECT | 2001-11- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

牛から蟹へのシフト作戦

しゃぶしゃぶで有名な某和食屋の折り込みチラシ。「蟹まつり!10/16,17,16限定 蟹なべが1800円!」行くしかないでしょ。この日は朝から「今日は寒いカニ?」「そうカニ?」などと、もはや心も舌も蟹一色。そぼ降る雨のなか行ってきた。まずは生ビールで乾杯。グラスがとうに空いても、まだ鍋は登場しない。安く食べられるんだからとクレームを我慢する。テーブル中央のIHコンロにやっと乗せられたシルバーの鍋は、意外にもあっという間に湯気を立てはじめ、さっそく蟹を投入。蟹は4人分で、はさみ部分が2つ、足の付け根部分が4本、一番身がつまった脚部分が4本だ。むっちりとしていて甘い。マイウーだのシャスデリだの、おいしい表現を競いあいつつも、お約束通り、蟹を食べているときだけは、4人とも寡黙になる。ワインを飲むのも忘れるほどだ。最後にご飯と卵で雑炊を作ってもらって、アイスクリームまで付いている。これで1800円は大満足!締めて4人で9870円也・・・?なんか安すぎないか?今朝になってレシートを見てみると、赤ワインが計上されていないことに気が付いた。は~、幸せ感倍増!
それにしても船橋は柄が悪い。都内の姉妹店にも入ったことはあるけど、ジャージに立てひざポーズで食べてるやつらなんていなかったぞ。雅びなお琴のBGMは、私達にだって不似合いだったけど、ちょっとはお行儀よくしようよ。
さらに気になったのは、この店の行く末。これだけ牛が敬遠されるなか、蟹にしか逃げようがなかろう。水炊きなんか始めた日にゃあ、同情買っちゃうわよ。いっそ蟹一本で勝負してくれれば、また食べにいっちゃうんだけどなー。
スポンサーサイト



| 未分類 | 11:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |