なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

>> EDIT

目にキタ

目について書いたこと、あまりなかったような気がする。

そもそもが1.2と0.5のがちゃ目なんだが
そこへもってきて5、6年前から老眼が始まって、
それをきっかけに電車の中で本を読む習慣をやめ、
老眼鏡を作った今でもそれは続いている。

そしてこのたび、突然右目にハプニング勃発。
歳取るってやーよもー。

それは先週の水曜昼過ぎのこと。

デスクで向かい側の部下と話をしていたら、
突如右目の視界に茶色いモヤモヤしたものが
ぶわーっと広がった。

それはまるで水面に茶色い液体が広がった感じ。
素人でも、目の奥で出血が起こったんじゃないかと
想像ができた。

軽くパニックに陥って、手持ちの目薬をさしたら、
モヤモヤの半分以上は消えたのだが、
何を、どこを見てもついてまわるモヤモヤはえらく気持ちが悪い。
仕事をなんとか片付けて眼科へ飛び込んだのは16時過ぎ。
一般的な検査を経ての診察では、眼底検査を終えるまで原因等は
はっきりとは言えないとのこと。
翌朝一番で眼底検査を受けたらば、網膜裂孔との見立て。
網膜に穴があいて出血したのだという。

目の中心にはゼリー状のガラス体というものがあって
老化によって水っぽくなったり体積が減ったりするそうだ。
その影響で、ガラス体を覆っている網膜が剥離したり、
穴が空いたりすることはあるそうで、
慈恵医大から来ているドクターは深刻な様子もみせず
レーザーですぐに治療できますよ、ちょっと費用はかかりますけどねといい、
私の判断をのんびり待つふうだった。

レ、レーザー治療…?おいくらほどなんでしょう?

3割負担で3万ですねぇ。
医療保険に入られていて、網膜光凝固術をカバーしていれば
大丈夫ですよ、日帰り手術になりますね。

3万…、医療保険…、レーザー、日帰り手術…。

しばし押し黙った私に、
今回治療しなくてもこの先何も起きないかもしれませんし、
治療しても網膜剥離するケースはあります。
見え方が若干変わることもありますが…、でもうまくやります。
網膜剥離専門でやってますから、私。

限定とか専門に弱いワタシは、
じゃあお願いします!よろしくお願いします!!と言ったのだった。

同意書にサインして、
すぐ横の器具の前に移動。
視力検査を行なうときと同じように顎を乗せてベルトで頭を軽く固定され
右の眼球にレンズを当てられ10回ほどレーザーを浴びた。
強い光線がピカーッピカーッと右目めがけて放たれるんだけど、
眩しい以外なんともない。
一カ所だけ、目の置くが鈍く痛い箇所があったけれどすぐに引いた。

網膜に空いた穴の周囲を焼いて広がらないようにしました。
一週間後に来てください。

目薬が出るわけでもなく、
そもそも痛みもなかったわけで
穴が空いたこともレーザーが繕ってくれたことも
なにがなにやら実感がない。
でもたぶん消えないと言われた右目の視界に見えていた
茶色いゴミはほとんどいなくなっていた。

見た目は若いけど、それなりにガタは来てるんですね…。
オフィスに戻ったワタシに放たれた
部下のことばにまったくだと頷いた。

歳を気にするつもりはまったくなかったけれど、
人より若いとうぬぼれるのはもうヤメとこ。


ちなみに加入している医療保険で3万円はカバーできそう。
後はこのまま何ごともなく過ごせるよう祈るばかりなり。






| 健康 | 20:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

三社詣り

初詣。

人気の神社へ出向いた人たちが、
あまりの人出に辟易している様子を、
SNSでちょいちょい目にした。

みなさんはどこへ?
いくつまわったのかしら。


初詣は氏神様へ詣るもの。

そんなことを誰からともなく聞いて以来、
毎年詣でている船橋大神宮。
荻窪に住んでいた頃、
毎年決まったところへ詣でた記憶がないので、
この習慣は十数年しか続けていないことになる。

そうして仕事始めの日には
新橋の烏森神社へ詣り、
社のスタッフと愛宕神社へ行く。
これがここ何年かのスタイル。
去年オフィスが御成門に移転したので
愛宕神社から芝大神宮へと行き先は変わったけれど、
毎年概ね三社詣ってる。

お守りをいただくのは船橋大神宮と決めている。
交通安全のお守りもバイクを下りるまで買うつもり。

その他、お正月のルーチンは
鏡餅と玄関飾りを飾る
下着を新調
箸を新調
お雑煮とがめ煮、黒豆を手づくりして元旦にいただく

こうみえて小心者なので、
毎年やると決めていることを怠ることができない。
この先も毎年必ず続けるはず。

そういえば、今年はステキなお箸に出会えた。
甲州のワイン樽を削って作られたワイン木箸。

ワイン樽はオーク材の柾目でできているので狂いが少ない。
水気に強くしかも軽いので箸には向いているのだそう。
柿シブを塗って、傷みやすい箸先には漆が塗られ、
持ち手は蜜蝋ワックスで仕上げてある。

使う人を想う気持ちが伝わるいいお箸。
今年もおいしいもの、そしておいしいワインと
出会えますよにと願いつつ、使ってる。
17010601.jpg 

| 未分類 | 12:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

あまり間が空くと、更新のきっかけを探してしまうもので。
お正月はまさに好機。

サボりまくりの2016年。
それもこれもFacebookなんてものができたせいで(と思ってる)。
あっちでうるさいくらい投稿しているので、
同じようなことをココに書けない。
それだけの理由なのだが。

ともあれ、今年もなにとぞよろしくお願いいたします。

と書くからには、少しは更新するんだろうねワタシ…。


今年は12月初旬に早々帰省。


仕事に追われ、うっかり年末年始の早割チケットを取り逃してしまったから。

正確にいうと、行きは取れたが帰りが取れず。

ネットとにらめっこしながら帰り便を狙ったけど、

行き便決済のリミットが来てしまったのであきらめた次第。


そんなわけで、今年の年末年始休暇6日間は、船橋で過ごした。

17010401.jpg


博多風雑煮

がめ煮

数の子

昆布巻き(鮭/鯖)

黒豆

鶏ハム(イタリアンハーブ/黒胡椒)

ピクルス(たまねぎ/パプリカ/フルーツにんじん/ロマネスコ/うずらの卵)

大根の甘酒入りなます


お節のラインアップもほぼほぼ例年通り。

17010402.jpg


高値とうっかりで去年お雑煮に入れ忘れた筍と鰤も

今年はちゃんとね。



なーんにも予定のない大晦日から元日。

船橋港あたりに初日の出を観に行こうと

午前2時頃眠りについたが、

ふと目が覚めたら、ジモピーとの待ち合わせ時刻を2分過ぎた

6時22分で。

iPhoneが鳴らなかったのか、聞こえなかったのか未だ不明。


わらわらと準備をして7時半頃、船橋大神宮参拝。

お守りその他を返して、引いたおみくじは中吉。

引けば大吉ばかりだった数年前にはまだ戻れないらしい。


今年は仕事が大変そう。

周囲に振り回されず、冷静に判断しながら淡々とやるべし。


みなさまも、どうかよい一年になりますように。







| 未分類 | 14:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

電子レンジ有害説

ほぼ毎日自炊しているわりにあまり活用できていない電子レンジ。

電磁波が出て有害だ!
有害だったら販売されているはずがない…。

未だにいろいろな説がありますが。
はて…。

>> Read More

| どうなの? | 22:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

屋久島 vol.2

鹿児島の先とはいえ、9月ともなればクーラーなしで眠れる。
快適なベッドで爆睡、そしてパキっと目覚めた2日目の朝。

さーて今日は苔にまみれてこよう!


>> Read More

| | 18:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>